銘柄のおすすめ見極め方のポイントと株式投資におけるコツについて

最強投資顧問徹底分析.com > コラム > 株式投資は銘柄選びが重要

株式投資は銘柄選びが重要

資産運用するにあたって、株式投資を検討している方はいませんか?株を使って運用する場合、どの銘柄を使って運用するかが重要なポイントになります。以下では資産運用するための銘柄の選び方について紹介します。

株式運用で欠かせない銘柄って?

株式投資とは、特定の会社に出資して株主になることです。運用するにあたって重要なポイントになるのが、どの会社に出資するかということです。一般の方でも出資できるような上場している会社の株式のことを銘柄といいます。日本国内だけでも、東京証券取引所や大阪証券取引所、東証マザーズ、東証ジャズダックなどで多種多様な銘柄が取引されています。株式投資において、銘柄選びが利益の多寡を決めるといっても過言ではありません。

身近な業界の銘柄

では具体的にどのような銘柄を使って資産運用すべきかというと、おすすめは身近な株式です。身近な株式とは、自分が勤務している業界の銘柄や、もともとよく利用している商品やサービスを提供しているところの株式を指します。業界関係者であれば、業界の実情をよく知っているでしょう。また興味のある商品・サービスの銘柄であれば、調べることもそれほど苦ではありません。初めのうちはなじみの深い銘柄を選んでおくことが大切です。

業績が好調なところ

おすすめの銘柄とは簡単に言えば、業績好調で今後株価の上昇が期待できるものです。そのためには、個別の銘柄の情報収集することが大事になります。情報収集の方法は、ニュースや雑誌、四季報、インターネットなどいろいろな手段があります。業績の情報を集めて、信頼できそうな企業を見つけましょう。

周囲の人が愛用している商品

おすすめ銘柄をチェックする方法として意外な盲点となるのが、家族や親せき、職場の同僚からの情報です。一見するとおすすめ銘柄選びで重要なポイントとは思えないかもしれません。しかし周りの人がどのような商品・サービスを利用しているか聞くことは、一種のマーケティングになりえます。ですから周囲にアンテナを張ることはおすすめの銘柄を知るにあたって重要です。

IRサイトが充実している

今ではほとんどの会社が自社のホームページを開設しているでしょう。おすすめ銘柄がある程度見えてきたようであれば、その会社のホームページをチェックすることは重要です。ホームページを見ると、「投資家情報」や「IR」と書かれているページがあるでしょう。ここには会社の経営方針や決算資料、説明会の文書などが掲載されています。株式運用をするなら必ず目を通しておきたいポイントといえます。IRサイトの情報が充実している銘柄から、将来性に期待が持てそうなところを選びましょう。

専門家のおすすめする銘柄

株式初心者が、いきなりおすすめの銘柄を独力で適切にピックアップすることは難しいかもしれません。そこでプロのアナリストなど、専門家に相談することも検討しましょう。例えば口座開設した証券会社に問い合わせてみて、おすすめの銘柄をチェックすることは大変重要です。より確実に資産を増やしたいのであれば、このように使えるツールは活用することも考えるべきです。

会社の将来性を判断すべし

おすすめの銘柄を選ぶ際に重要なポイントとして、その会社の将来性がどうかは欠かせないところです。マザーズのようなベンチャー企業のような銘柄を多数取り扱っているマーケットの場合、今は株価がそれほど高くない、という銘柄もたくさんあります。しかし商品・サービスが注目を集めているようであれば、今後業績がアップし会社の規模も拡大、ひいては株価の上昇も期待できるでしょう。株で成功を収めるためには、広い視野でモノを見る目を養うことが必要です。今はそれほどでなくても、今後売上高や利益が2倍・3倍になっているポテンシャルを秘めているおすすめ銘柄は、国内株だけでもいろいろとあります。ぜひ自分の目で探してみてください。

チャートだけで判断すべきではない

株式投資をしている人の中には、チャートの株価の上がり下がりを見て、一喜一憂している人もいるでしょう。チャートのチェックはトレンドを知る上で重要かもしれません。しかし上で紹介したように、今株価はそれほどでなくても、将来業績がアップして株価も急上昇する可能性を秘めている銘柄はたくさんあります。目先の株の値動きをチェックすることも無視できませんが、もっと長期的なスパンでおすすめの銘柄を見つけることも安定した運用をするためには必要なことであると認識しましょう。