投資法はいろいろ。資産運用に必要な投資法の基礎知識を紹介

最強投資顧問徹底分析.com > コラム > 投資法の選択肢はいろいろ

投資法の選択肢はいろいろ

投資することで資産を増やしたいと思っている人もいるでしょう。投資するといっても、その方法はいろいろとあります。そこでまずは投資法をどうするかを検討する必要があります。ここでは主要な投資法の特徴について紹介します。

金融商品を使った投資法とは?

投資法とは、金融商品を取引するなどして利益を出し、資産を増やしていくアプローチです。金融商品にはいくつかの種類があって、そのどれを使って運用するかは重要なポイントになります。

ポピュラーな株式投資

投資と聞いて一般の方がピンとくるのは、株式投資です。株式を購入することで資産運用する方法です。安い株価を購入し、株価の上がったところで売却すれば利ザヤを獲得するのが一般的な投資法です。そのほかには、株主優待を受け取る、配当金をもらうことで利益を出していくような投資法も考えられます。会社の将来性や経済全般の動向などをチェックしながら運用するのが一般的です。

最近注目を集めるFX

最近注目されている投資法がFXです。外国為替証拠金取引のことで、通貨をやり取りすることで為替レートで利益を稼ぎ出す投資法です。為替市場は世界中にあって、時差の関係で24時間いつでも取引できます。サラリーマンなど仕事をしている人でも、自由時間を使って運用が可能です。またレバレッジといって、手持ち資金の数倍の額を使った運用も可能です。

先物取引を使った投資法

先物取引という投資法もあります。先物取引とは、現時点で取り決めた価格で、将来の一定の期日に取引をするという約束事のようなものです。将来の一定の期日において、もし価格が取り決めた金額よりも高かった場合、購入する側はお得になります。先物取引は信用取引で、代金の数パーセントの保証金があればやり取りができます。ですから少額の資金で大きな利益を得られる可能性もあるのです。

債券を使った投資法

投資法の中には債券を使った運用があります。国債や社債といったもののやり取りで資産を増やします。国や地方自治体の発行する債券を公債といいます。公債はリスクの低い資産運用を希望する人にはお勧めです。会社の場合、投資先が倒産すれば、株式は紙くず同然となります。しかし国や地方自治体が破たんする可能性は低いので、ローリスクで運用できるのが魅力です。

不動産を使った投資法

最近注目を集めている投資法として、不動産運用があります。マンションやアパートを購入して、部屋を他に貸し出すことで家賃収入を受け取ることで資産運用します。入居者さえ確保できれば、毎月家賃を受け取ることができます。つまり確実に利益をあげることができるわけです。自分の身に何かあっても、家族に不動産を残せるというメリットもあります。

投資信託で運用する方法

投資をするにあたって注意しないといけないのは、損失を計上して自分の資産がマイナスになる可能性のある点です。自分で運用するのに自信が持てないようであれば、投資信託による投資法を検討しましょう。投資信託はお金を出すだけで、運用するのはファンドマネージャーです。プロが運用してくれるので、自分よりも利益の出る可能性が高いです。

外国の金融商品を使って運用

投資法といわれると国内の金融商品を使って行うスタイルをイメージする人もいるでしょう。しかし海外の金融商品・具体的には株式や通貨を使って運用する投資法もあります。日本の経済は頭打ちの状態が続いています。しかし海外には急激に成長している国もあります。政情不安定な国の場合、運用リスクが伴いますが大きな利益をあげたければ、海外のマーケットで資産運用する方法もあります。

自分の目的・スタイルに合った投資法を見つけよう

上で紹介したように、主な投資法だけ見てもいろいろなアプローチがあります。この中からどの投資法で資産運用するか、慎重に見極める必要があります。どの投資法がいいのかというのは、一概には言えません。そこで重要なのは、資産運用することでどうなりたいのかの目標を明確にしておくことです。また、24時間の多くを資産運用に専念できる専業主婦もいれば、サラリーマンなど本業があって、空き時間を利用して運用したいという人もいるでしょう。このように、人によって最適な投資法はまちまちです。自分の運用スタイルに合った投資法を見つけましょう。