株式投資初心者が覚えておくべき基礎知識についての入門書

最強投資顧問徹底分析.com > コラム > 株初心者の皆さんへ

株初心者の皆さんへ

貯金をしているだけでは資産が増えないので、株で投資しようと思っている人も多いでしょう。そこで、入門編として、株初心者の方が運用するにあたって覚えておきたい知識について紹介します。

初心者が知っておきたいこと

そもそも株とは何?

株初心者の入門として欠かせないことに「そもそも株って何?」ということがあるでしょう。まず、事業を営むためにはお金が必要ですよね。そこで資金調達をするにあたって、銀行からの融資や自己資金を使うほか、株を発行して出資してもらう方法があります。会社は株を発行して、事業資金を集めます。株主は株を購入することで、部分的に会社のオーナーになるわけです。

会社全体のオーナーになるのは資金的な問題もあり難しいでしょうが、部分的であれば一般の方でも出資できるでしょう。広く浅く資金集めをするスタイルです。もし会社の業績がアップすれば株価も上がるでしょうし、株主に対して利益を還元する配当金が支払われます。このように会社の業績が上がれば、株主は何らかの恩恵を受けられる関係性にあります。

株式投資に必要な資金は?

株式の入門編として、いくらから始められるのかも初心者にとっては気になるところでしょう。株を買うのに必要な額ですが、銘柄によって異なります。まずそれぞれの銘柄の株価をチェックします。そしてもう一つポイントになるのが、単元株数です。実は銘柄によって「最低100株購入してください」や「1000株から購入が可能です」といったルールがあります。

例えば株価が100円で単元株数が100株であれば、100×100の1万円がその銘柄を購入するために必要という計算になります。1000株から売っている銘柄もあれば、1株からでも購入可能なものもあります。ですから一概には言えないのですが、一般的に数千円から数万円もあれば、株式を購入できるはずです。これなら初心者でも比較的気軽に買い求めることができるでしょう。

株価が上下動する理由はなに?

株の世界に入門すると、まず「株価はどうして上下動するのか?」という疑問もあるでしょう。簡単に言えば、その銘柄を買いたいと思う人が多ければ株価が上がりますし、売りたいと思う人が多ければ下がってしまうためです。

需給バランスを決める要因はいくつかあります。まずは会社の業績の影響が大きいです。業績好調であれば利益が生み出しやすいので株価が上昇しますし、逆に業績が低下すれば下がってしまいます。新製品を出した、新しく向上を作ったなど事業拡大した銘柄は株価の上昇する傾向があります。もちろん必ずではありませんが、事業拡大をすればそれだけ利益のアップするチャンスが増えることになります。またほかの会社を合併、買収するのも相乗効果で企業価値が上がると判断され、株価の上昇する傾向が見られます。

株の選び方のポイントは?

株式運用するための入門知識としてポイントになるのが、「どの株を購入すればいいか」という点です。まず危険な株式は購入しないことが、初心者にとって必要なことです。今後下落する要因のある銘柄は控えましょう。損をする可能性が高いからです。業績が悪化している、何らかの不祥事を起こした株式は、今後値の下がる可能性が大きいです。

また、株初心者の中には、他人に「これを買ったほうがいい」といわれて購入するケースもありますが、これもおすすめできません。自分で考えて購入していないので、株投資のノウハウがなかなか培われないからです。損する可能性があるものの、自分で銘柄を決めて、自分なりの運用スタイルを確立することが大事です。ハイリスクハイリターンではなく、ローリスクローリターンでコツコツ資産を増やすことです。

株初心者は仕組みを理解すること

株式運用の入門として、株の基本的なことについて紹介しました。株式投資する人の中には、とにかく証券会社に口座を開き運用すれば何とかなると思っている方もいるようです。しかし入門編として覚えて頂きたいのは株初心者は、株式のマーケットについてしっかり理解することが大事だということです。仕組みを理解したうえで、どの銘柄へどのくらい投資するかを決めましょう。投資は運任せのギャンブルではなく、ち密な戦略が必要なことは頭に入れておきましょう。また株は絶対に儲かる方法はありません。余剰資金を使って運用することも初心者の心得として覚えておきたいところです。