株の分析方法は株式投資の際に欠かせない・主要な3種類の特徴について紹介

最強投資顧問徹底分析.com > コラム > 株式運用には分析は欠かせない

株式運用には分析は欠かせない

資産運用するにあたって、株式投資を検討している人もいるでしょう。株式運用で利益を出すためには、株式分析を正確に行うことが欠かせません。そこでここでは主要な3つの株の分析方法についてみていきます。

株式はギャンブルではない

株式投資は確実に儲かる手段ではありません。プロのトレーダーでも時に失敗することがあります。そこで株式運用を一種のギャンブルのようにとらえている人もいるようです。しかし株式運用は、株の分析を正確に行えば、かなりの確率で儲けることも十分可能です。株の分析方法を駆使して、正確な戦略を立てることが資産運用のためのポイントです。

分析法の種類

ファンダメンタルズ分析

株の分析方法の中でも主流なものとして、ファンダメンタルズ分析があります。業績のいい企業や今後成長の見込まれる会社の株式は購入され、株価の上昇する可能性があります。このような株価の上がりそうな企業はどこか分析する方法が、ファンダメンタルズ分析です。企業価値に対して割安な株価はどこか、今後の成長が見込めそうかという部分でどの銘柄を購入するか分析をします。

ファンダメンタルズ分析は安定性や成長性、収益性など総合的に分析して会社の研究を進めます。その中でも株の析の専門家の間で重視されるのが、EPSとROEです。EPSは1株当たりどの程度の利益が出ているかを数値化したもの、ROEは株主の資金を使って利益がどの程度の効率で上がっているか数値化したものです。いずれも数値が高いところは安定・効率的に利益をあげることができていると推察され、買いの銘柄と結論付けられます。

テクニカル分析

株の分析方法の中には、テクニカル分析があります。この株の分析方法は、特定の銘柄や株価の動きなどの数値を分析することで運用戦略を立てる方法をさします。テクニカル分析は、さらに2種類に分類できます。トレンド系とオキシレーター系です。トレンド系とは株価をグラフにしたチャートを使って株価の軌跡を見て、今後株価がどう展開するか分析する手法です。過去からの値動きを見て将来を予測するアプローチです。オキシレーター系とは、株価売買の振り幅をベースにして行う株の分析方法です。

テクニカル分析はいずれの方法も、株価の変遷をグラフ化して分析するスタイルをとっています。テクニカル分析のグラスを作成するのは素人には難易度が高いです。証券会社に口座開設すると、その証券会社のツールが利用できます。チャートツールはこちらがグラフ作成しなくてもチャートをチェックすることが可能です。売りと買いのサインのセオリーがありますので、そのルールを身につけることがテクニカル分析の基本となります。

トレンドに乗って運用するのが基本

株の分析方法の中でも押さえておきたい知識として、トレンドがあります。トレンドとは特定の銘柄が全体的にどのような値動きをしているか、分析する方法のことです。数日単位でみると細かく上下に株価は値動きしているでしょう。しかしこれを半年や1年間といった長期的なスパンで分析すると、一定の方向に値動きのしていることが多いです。株価が全般的に上昇傾向にある上昇トレンドと下降傾向にある下降トレンド、そのいずれでもなく一定の範囲で株価を維持している状態を横ばいトレンドと呼ぶことがあります。

このトレンドを分析することは大事で、企業の将来的な株価や業績を予測して、株の値動きが今度どう展開するかを予測して資産運用します。ずっと同じトレンドで展開していくわけではないですが、株式投資の初心者であれば、トレンドに乗った取引をした方が利益を生み出しやすいです。株の分析方法をマスターするためには、このようなトレンドを正確に把握することが何よりも大事です。

株式投資で分析は欠かせない

株式投資は絶対に儲かる方法ではありません。しかし上で紹介した株の分析方法をマスターして駆使できれば、かなりの確率で利益をあげることが可能になります。もし株式投資をしようと思っているのであれば、この分析方法をまずはマスターすることです。より数多くのデータを入手して、それを分析できれば、より正確な今後の株価予測ができます。しかし素人が独力で完璧な分析をするのには限界があります。もしより正確な分析に基づく運用をしたい、自分の分で気だけでは自信が持てないというのであれば、投資顧問など専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。有効に活用することで確実な利益を上げられるでしょう。