料金体系や業務内容による投資顧問の種類の分類について

最強投資顧問徹底分析.com > コラム > 投資顧問にもいろいろな種類がある

投資顧問にもいろいろな種類がある

投資初心者の中には、「自分のやり方で果たしてあっているのか?」と不安になる人もいるでしょう。投資顧問はプロの観点からいろいろなアドバイスをしてくれます。運用に困ったら、投資顧問を利用しましょう。

そもそも投資顧問とはどのようなもの?

投資顧問サービスとは、株式や債券をはじめとした有価証券投資に関する様々なアドバイスをするサービスを言います。運用に関する情報提供も継続的に実施しているところも多いです。日本でも徐々に資産運用する個人投資家が増えてきていることもあって、投資顧問業者も増加傾向にあります。具体的には、銘柄や数量、売買の時期などについて助言するのが投資顧問の仕事です。

投資顧問の種類は主に2種類ある

2007年に証券取引法が一部改正されたことで、投資顧問は金融取引業者の一つに位置付けられました。投資顧問の種類は、さらに2タイプに分類できます。一つ目の投資助言代理業は、有価証券の価値や投資判断に関するアドバイスを行うところです。もう一つの投資顧問の種類として、投資一任業務があります。業者の方で投資家に代わって有価証券の運用を担当します。

投資助言業務とは?

投資顧問の種類の中の一つ・投資助言業務は、有価証券の価値や投資判断に関するアドバイスを顧客に行うタイプです。投資助言業務を営んでいる投資顧問会社は、独自のネットワークや分析手法を使って助言しています。具体的な業務内容は、株式や債券、投資信託などの金融商品に関する投資判断について、投資家へ助言を行うことです。投資判断については、証券の種類や銘柄、数、価格、売買の方法・タイミングなど幅広いアドバイスを実施します。具体的なアドバイスの方法は、レポートなどの資料を定期的に提供する、投資家からの問い合わせや相談に乗るなどさまざまです。投資家からの問い合わせも、電話やファックスのほかにも、電子メールなどいろいろな手段があります。また、投資顧問業務の中には、個別の推奨銘柄を定期的に情報提供を行っているところもあります。

投資一任業務とは?

投資顧問の種類のもう一つの種類である投資一任業務とは、投資一任契約を投資家と締結して、実際に財産の運用を担当する業務のことです。投資運用業と呼ばれることもあります。実際に投資顧問会社で資産運用をします。

料金体系で投資顧問会社を比較する

投資顧問の種類はいろいろとあります。その中でも料金体系がどうなっているかで比較するのも一つの方法です。料金体系は投資顧問会社によって異なります。ですから実際に契約を締結する前に、料金体系に関する確認は取っておいた方がいいでしょう。料金体系で投資顧問の種類を分類すると、4つのタイプに分けられます。

固定制プラン

投資顧問のなかには固定制をとっているところも多いです。月額が低額になっていて、毎月決まった金額を支払う形になります。推奨銘柄の数やロスカットの目安などで一つの投資顧問会社でいくつか異なるコースを用意していて、料金を変えているところもあります。

従量制プラン

従量制プランを導入している投資顧問会社もあります。従量制とは、単発スポット契約とも呼ばれています。推奨を受けた銘柄に応じて料金が決まるシステムです。1銘柄いくらという形で料金設定がなされます。

成功報酬プラン

成功報酬制度とは投資顧問のアドバイスに従って収益を上げた場合、その一部を報酬という形で支払ってもらう制度です。利益に応じて報酬額が変わりますので、投資家からしてみると費用コストを安くできるメリットがあります。

無料で情報提供するサービスも

そのほかの料金体系をとっている投資顧問もあります。例えば、無料で情報提供を行っている投資顧問会社です。ただし、これはお試しサービスのようなもので、サービスを受けて利益が出れば有料サービスに申し込む形になります。また従量制と固定制に成功報酬プランを組み合わせている投資顧問会社も見られます。

じっくり比較して任せられる投資顧問を選ぼう

上で紹介したようにサービスの範囲や料金プランなどで、投資顧問の種類は異なります。もし投資顧問のアドバイスを受けながらの資産運用を検討しているのであれば、自分にマッチする種類はどれかを検討しましょう。投資顧問サービスを利用するのであれば、複数の候補を残して比較することが大事です。そしてこの投資顧問会社であれば、安心して資金を任せられると思ったところと契約しましょう。